デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンは使用可能?

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンは使用可能?

124

デリケートゾーンには刺激が強すぎるハイドロキノン

ハイドロキノンという成分は、美白効果がとてつもなく高いといわれています。どう高いのかと申しますと、皮膚が黒ずむ発生源ともいえるメラニン色素の生成を抑制してくれるというだけでなく、メラニン色素を生成するメラノサイトを減らす効果もあるといわれています。もっと簡単にいえば、抑制するという予防処置とすでに発生しているものを減らすという解消処置までしてくれるというまさにダブルの美白効果が期待できるのだといいます。おまけに、通販サイトで人気の高いデリケートゾーン専用の美白クリームに配合されているトラネキサム酸・ビタミンC誘導体・プラセンタ・アルブチンなどの美白成分に比べると、100倍相当の美白効果が期待できるといわれています。まさにそうなると、皮膚の漂白剤のようなものに相当するといえるでしょうね。事実、ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれています。そのため、とくにデリケートゾーンなどの敏感な部分に使用するには、あまりにも刺激が強すぎるということで、デリケートゾーン専用の美白クリームを販売しているメーカーなどでは、使用しないように!と注意を促しています。

ネット通販でも購入可能なハイドロキノンが4%以下の美白クリーム

ちなみに、ハイドロキノンの4%以下程度の濃度の美白クリームでしたら、皮膚科や美容クリニックの医師に処方してもらう方法以外にもネット通販で購入することも可能です。さらに5%以上もの濃度のハイドロキノンになると、発がん性のリスクが伴うともいわれています。この発がん性のリスクについては、動物を使った実験でハイドロキノンを投与したところ、がんや白血病の発症率が高くなったという実験データーが報告されています。そうはいっても動物と人間とは違うので、人間の場合にはがんにはならないかもしれないと思っている方もいるかもしれませんね。ただし、動物実験に使われたのはたぶんネズミかモルモットだとは思うのですが、ネズミもモルモットも人間と同じ哺乳類ですからね。やはり美白成分とはいいながらも、恐ろしい成分といえるでしょうね。それから余談にはなりますが、ハイドロキノンの濃度が5%以上もの美白クリームというのは、市販薬の中にはまずありません。皮膚科や美容クリニックの医師に処方してもらう方法しか入手することさえできません。

ハイドロキノンと併用して使用するトレチノイン

ところで、ハイドロキノンを皮膚の黒ずみ解消に使う場合には、ハイドロキノン単体だけだと浸透力が弱いので、浸透力の高いトレチノインという美白効果の高い成分と併用するというのが一般的です。それにトレチノインも刺激が強いので、デリケートゾーンなどには使用しないほうが無難です。とくにデリケートゾーンの中でもIラインは、身体の中に入る入口に相当する部分でもあるので、刺激が強いというよりも痛みや痒み・湿疹などの炎症を起こす可能性があるともいわれています。それからトレチノインの効果についてですが、ハイドロキノンと同じような美白効果があります。その効果を数値に表してみると、ハイドロキノンとは若干効果が低いようですが、それでもトラネキサム酸・ビタミンC誘導体・プラセンタ・アルブチンなどの美白成分よりも50倍~100倍相当の効果が期待できるといわれています。それと同時にトレチノインには、ターンオーバーを促進する効果もあるといわれています。というよりもターンオーバーが促進しすぎる傾向があるともいわれており、これもデリケートゾーンの黒ずみを解消するという目的では使用しないほうが無難といえます。一般的にこうした刺激性の強い美白クリームが使われているのは、デリケートゾーン用というよりは鼻の毛穴が黒く目立つとか、毛穴のブツブツが目立つということで使われているケースが多いようですね。しかしながら、濃度が4%以下のハイドロキノンやトレチノインをデリケートゾーンに使うのであれば、問題はないといったブログもネット上にはいくつか掲載されています。刺激性が強いので使用しないほうがよいといったブログや注意をして使用したら問題はないといったブログなど様々ですが、こればかりは自己責任が伴う内容といえます。とくに、使用に伴う皮膚の炎症などの副作用には要注意です。

デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームとニベアクリームとの違い

デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームとニベアクリームとの違い

123

ニベアクリームに配合されている有効成分について

ニベアクリームといえば、薄い青い缶に入っている有名なスキンケアクリームです。果たしてこのニベアクリームは、デリケートゾーンの黒ずみには効果があるのか?ということについてご紹介してみたいと思います。ちなみにニベアクリームに含まれている成分ですが、スクワラン・ホオバ油・グリセリンなどの保湿効果の高い成分が配合されています。そのため保湿効果を得たいという場合には、ニベアクリームは大変効果があるといえます。とりわけニベアクリームを塗ると、皮膚に油性の皮膜を作りながら、外部からの冷気や水などの刺激から皮膚を守ってくれるといわれています。おまけに、ミネラルオイル・ワセリン・グリセリンといった油性成分も多く配合されているのですが、実際に皮膚に塗ってみるとベタベタとしたベタ付く感覚はありません。そういう意味では、ニベアを使うと嫌だという人はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。しかも、ニベアクリームには油性成分が多く配合されているので、保湿効果は十分あるということは裏付けることができます。

ニベアクリームとデリケートゾーンの黒ずみ対策に特化したクリームとの違いは?

この保湿効果があるというのは、要するに乾燥しやすい皮膚に潤いを保ってくれるということなので、結果的にはお肌のターンオーバーの正常化にも繋がります。ターンオーバーが正常化するということは、要するに古い角質層が剥がれ落ちて新しい角質層に生まれ変わるということを意味しています。そのことは要するに、皮膚の最下層に堆積しているメラニン色素も皮膚の表面に押し出されるようになり、いずれは剥がれ落ちてしまうということになります。そうした皮膚のターンオーバーという仕組みからすると、ニベアクリームはデリケートゾーンの黒ずみを解消してくれる効果が期待できるということにもなるでしょうね。その代り、一般的にネット通販で販売されているデリケートゾーン専用の美白クリームの場合、保湿成分だけでなく美白成分も同時に含まれています。ところがニベアクリームの場合には、保湿成分は含まれているけれども美白成分は含まれてはいません。そのため、デリケートゾーンに特化した美白クリームに匹敵するような効果、あるいはそれと同等の美白効果というのは期待できないということがいえます。要するに、保湿効果を促す成分だけで美白効果を促す成分は一切含まれていないということは、デリケートゾーンの黒ずみを解消するのにはイマイチ効果が薄いという結論に至ります。そのため、そんなニベアクリームのような商品を無理して使うくらいならば、ネット通販でデリケートゾーンの黒ずみに特化した美白クリームを購入したほうが効果が覿面に現れるということがいえるでしょうね。

デリケートゾーンの黒ずみ対策に特化したクリームの効果

それでは、ニベアクリームはさておいて、デリケートゾーンの黒ずみ対策に特化した美白クリームの場合、どのような有効成分が含まれているのか?という点についてご紹介してみたいと思います。例えば、ネット通販で人気のあるピューレパールの場合には、トリプルヒアルロン酸・プラセンタ・トリプルコラーゲン・セラミド・グリチルチチン酸2Kといった保湿成分が何と11種類も配合されています。それに加えて、プラセンタ・グリチルリチン酸2K ・米ぬかエキスといった美白成分も配合されています。やはり単なるスキンケアとしては定番ともいえるニベアクリームとは、一線を画す商品であるということがいえるのではないでしょうか。あるいは、ピューレパールと同様にネット通販では大人気のイビザクリームについても調べてみました。するとやはりイビザクリームにおいても、メラニン色素の生成を抑える効果のあるトラネキサム酸と保湿効果の高いグリチルリチン酸2Kが配合されています。おまけに、合成香料・合成着色料・アルコール・ペラペン・鉱物油などの化学合成成分は一切含まれてはいません。こうしたデリケートゾーンの黒ずみ対策用に開発されたクリームとニベアクリームとを比べてみると、明らかにその違いが分かります。そういう意味では、ネット通販で人気が高いという所以も理解することができます。

デリケートゾーンの黒ずみには専用の美白クリームがお勧め

デリケートゾーンの黒ずみには専用の美白クリームがお勧め

13

どうしてデリケートゾーンが黒ずむのか?

デリケートゾーンの黒ずみで悩んでいる女性は多いといいます。とりわけ、妊娠や出産・加齢などで黒ずむというのはよくあることですが、それ以外の黒ずみのほとんどは摩擦や圧迫による刺激などが原因であるといいます。おまけにデリケートゾーンは、皮膚の角質層が6層程しかありません。それは、足の裏の50層からなる角質層の厚さから比べてみても、明らかに薄い構造になっているといえます。ところで具体的なデリケートゾーンへの刺激の例を挙げてみると、下着による締め付けや下着の端の部分が皮膚を圧迫するというケースです。ちなみに、下着を脱いだ際にはゴムの痕が付いているということがよくあります。そうした締め付けがどうしてデリケートゾーンの黒ずみに関係するのかといえば、外部からの過剰な圧迫刺激や摩擦から皮膚を守ろうとする自己防衛システムによってメラニン色素の生成が活性化されてしまうのです。太陽光線を強く浴びると、皮膚が焼けるのも同様の作用です。とりわけ太陽光に含まれている紫外線は、皮膚の最下層まで浸透してしまいDNA細胞をも破壊してしまう程の威力があるといいます。そのため、メラニン色素が過剰に生成されることで皮膚細胞を守ろうとしているのです。

デリケートな仕組みになっているデリケートゾーン

お風呂に入った際に、デリケートゾーンを清潔にしたいという余りに、ゴシゴシと念入りに洗ってしまう方も多いに違いありません。とくに膣付近やその内部の洗いすぎというのは、バリアの役目を果たしている常在菌を洗い流してしまうことにもなるので、逆に臭いが強くなる可能性があります。もちろんそれだけではなく、ゴシゴシ洗うという摩擦や刺激でデリケートゾーンが黒ずむ大きな要因ともなってしまいます。それから人間の皮膚は、独自の天然保湿成分で保たれています。ところが、入浴時にボディーソープで何度も洗ってしまうと、それらの天然保湿成分まで汚れと一緒に洗い流されてしまいます。例えば、入浴後のお肌が突っ張ると感じるのはそのためです。とりわけデリケートゾーンの場合、わずか6層という薄い角質層なので保湿効果が弱い部分でもあります。そのため、他の身体の部分よりも水分を保ちにくいというデメリットがあります。この水分を保ちにくいというのは、要するにデリケートゾーンはどこよりも乾燥しやすい部分であるといえます。もちろんそれだけではありません。乾燥しやすいというのは、摩擦や刺激を受けると皮膚が傷つきやすいということにも繋がります。傷つきやすいということは、それを守るためのメラニン色素も過剰に生成されやすいということをも意味しています。そういう意味では、入浴後のデリケートゾーンの保湿ケアというのは、顔やその他のスキンケア以上に重要であるといえるのです。

デリケートゾーンの美白ケアに適している商品とは?

それでは、デリケートゾーンの美白ケアにはどのような商品が適しているのか?ということについてご紹介します。デリケートゾーンは、どこの皮膚よりも刺激に弱い部分でもあるので、通常の美白クリームや美白化粧水では刺激が強すぎるという可能性があります。とくにハイドロキノンやトレチノイン酸といった美白成分は、皮膚の黒ずみにはものすごい効果がありますが、ことデリケートゾーンに関しては刺激が強すぎるのです。そのため、厚生労働省の認可を受けている美白成分でもあるトラネキサム酸やビタミンC誘導体が含まれている商品がお勧めです。とりわけ、ネット通販で人気のあるデリケートゾーン専用の美白クリームには、ハイドロキノンやトレチノイン酸といった美白成分ではなくて、トラネキサム酸やビタミンC誘導体といった美白成分が含まれているのが大きな特徴です。おまけに、デリケートゾーン専用の美白クリームには、すでに申し上げたようなことからヒアルロン酸やコラーゲンといった保湿成分も含まれています。ちなみに入浴時に、デリケートゾーンをボディーソープでゴシゴシと洗っている方は、即刻改めるべきであるといえます。

市販のクリームでデリケートゾーンの黒ずみはできない

市販のクリームでデリケートゾーンの黒ずみはできない

11

デリケートゾーンの除毛処理をすると逆に目立つ黒ずみ

今日では、アンダーヘアーの除毛処理や完全脱毛が若い女性の間では流行っています。ようやく日本でも、欧米化並みになってきたのだな!と実感しているところです。その代わり、アンダーヘアーの除毛処理をすると逆に目立つようになってきた問題があります。それは、除毛した部分が黒ずんでみえるという問題です。確かに、今までアンダーヘアーで隠れていた部分が露呈することになるので、その部分が黒ずんでいる人であれば大変なことです。それこそ、彼氏には絶対に知られたくない大きな悩みとなるに違いありません。それと同時に、ドラッグストアーに行って美白クリームを買うという人もいらっしゃるでしょうね。

ドラッグストアーにはデリケートゾーン専用のクリームはないに等しい

ところがドラッグストアーなどには、デリケートゾーンの黒ずみを解消するための専用クリームが販売されていないということにも気が付くに違いありません。その一方では、デリケートゾーンの黒ずみを解消するクリームと入力をして、ネットで検索をするとあれよあれよ!と随分と沢山のメーカーが出てきます。いずれのメーカーも公式ホームページのトップを見ると、デリケートゾーンの黒ずみでお悩みの方に!といった派手なキャッチコピーで、専用のクリームの商品宣伝が掲載されています。一体この違いは何なの!と呆気にとられてしまいます。ところがようく考えてみると、市販クリームの中にデリケートゾーン専用のクリームがないことが推測できます。といいますのは、市販クリームの棚にデリケートゾーンの黒ずみが気になる方に!といった宣伝用の看板でも掲げようものならば、恥ずかしいあまりにその場にいることすらためらってしまいます。ましてや、レジーにその商品を持っていくことなど到底できないでしょうね。もちろんそうなると商品の売れ行きが悪くなるので、大量に仕入れても在庫商品として残ってしまうに違いありません。その一方でネット上では、見ていて恥ずかしくなるような露骨な宣伝文句が沢山掲載されています。やはり、ネット通販では誰が購入したのかとか、商品の中身までは分からないという理由からなのでしょうね。

ドラッグストアーなどにある市販クリームはかぶれやすい

また、市販されている美白クリームを購入して、デリケートゾーンに塗ってみたところ、皮膚がかぶれたり炎症を起こしたといった方もいらっしゃるようです。もちろんそんな事態にでもなれば、炎症後の色素沈着という二次災害に発展する可能性すらあります。何せ炎症を起こした場合、その炎症から皮膚を守ろうとする作用が働くので、余計にメラニン色素の生成が活発になるに違いありません。とりわけデリケートゾーンといえば、身体の中では最も皮膚の層が薄い構造になっているといいます。従って、市販されているスキンケア用の美白クリームを使うと、デリケートゾーンには刺激が強すぎるということが想定されます。ちなみに市販されている美白クリームなどには、アスタキサンチン・セラミド・ハイドロキノンといった美白成分が含まれています。ところがこうした美白成分だと、デリケートゾーンには刺激が強すぎるのです。それでは、どんな美白成分がデリケートゾーンには適しているのかというと、それはトラネキサム酸が適しているといわれています。とくにこのトラネキサム酸は、厚生労働省から認可を受けているれっきとした医薬部外品です。その他にも厚生労働省から認可を受けた美白成分には、ビタミンC誘導体・プラセンタ・アルブチンなどがあります。従って、厚生労働省から認可を受けたこれらの美白成分が、デリケートゾーンの黒ずみには適しているといえます。そこで、ネット通販で人気の高いデリケートゾーンに特化した美白クリームを調べてみると、やはりトラネキサム酸やビタミンC誘導体などの刺激性の弱い美白成分が使われていることが分かります。もう少し具体的な商品名で例えてみると、ネット通販で大人気のヴィエルホワイトやイビザクリームなどの場合、美白成分にはいずれもトラネキサム酸が使用されています。デリケートゾーンの黒ずみを解消したい方は、こうした情報を参考にされるとよろしいかと思います。

デリケートゾーンの黒ずみを解消するクリームの選び方

デリケートゾーンの黒ずみを解消するクリームの選び方

10

商品に迷ったらランキングサイトを参考にする

ネット上にある検索サイトでデリケートゾーンの黒ずみと入力をすると、数多くの美白クリームの商品宣伝をしているサイトにたどり着くことができます。ただし、あまりにも数多くの商品が市場には出回っているので、どの商品にすればよいのか迷ってしまいます。中には、口コミ評価の高い商品から順番に掲載されているようなランキングサイトもあります。従って、そうしたランキングサイトで1位とか2位にランキングされている商品を選べば、まず失敗というか後遺症に悩まされるということはないかもしれませんね。

化学合成成分が含まれていない商品を選ぶ

後遺症というのは少し大げさでしたね。後遺症というよりも刺激性の強い成分が配合されていると、すぐに皮膚がかぶれてしまうといった程度のものです。また、美白クリームに関しては、顔のスキンケアなどでも使い慣れているものなのでそれほど抵抗がないかもしれませんね。その代り、スキンケア用の美白クリームとデリケートゾーン用の美白クリームとは多少違ってくる面もあります。何故ならデリケートゾーンといえば、身体の部分の中では最も角質層が薄い構造になっています。そのため、刺激性の強い成分が一つでも含まれていると、当然のことながらデリケートゾーンの部分の皮膚が炎症を起こしたり、かぶれたりしてしまう可能性があります。しかも近頃では、ほんのりと心地のよい香りがするような化学合成成分や化学変化しにくい添加物などもよく含まれています。具体的に例を挙げてみると、化学合成添加物・着色料・香料・界面活性剤・鉱物油などです。従って、こうした化学合成成分が含まれていない美白クリームを選ぶか、もしくは常にランキングサイトで上位にランキングされているような美白クリームを選ぶのが一番です。例えばイビザクリームという美白クリームは、ランキングサイトでも常に上位にランキングされています。そこでこの商品の公式ホームページを見ると、鉱物油・着色料・アルコール・パラペン・合成香料などの化学合成成分は一切含んではいないということがはっきりと明記されています。要するに、それらの化学合成成分が含まれていると、人によっては炎症やかぶれなどの症状が出るということが分かっているからこそ、事前にホームページに記載されているのです。そういう意味では、こうした商品を選ぶと後々いろんな副作用に悩まされるという心配も要りません。

デリケートゾーン専用の美白クリームを選ぶ

それからもう一つデリケートゾーンの黒ずみを解消するためには、どんな美白クリームを選ぶのがよいのかという基準があります。すでに申し上げましたように、身体の部分の中では最も角質層が薄くなっています。そのため、黒ずみを解消してくれる美白クリームの中でも、デリケートゾーンの黒ずみを美白にする解消クリームを選ぶということも大切です。例えば、美白効果のある成分の中には、デリケートゾーンのような薄い角質層には刺激が強すぎるという美白成分もあります。とくにハイドロキノンという美白成分は、デリケートゾーンのような敏感な皮膚には刺激が強すぎるといわれています。それではどんな美白成分がデリケートゾーンには適しているのかといえば、トラネキサム酸という美白成分が最適です。例えば、ホワイトヴェールという美白クリームの場合、公式ホームページを見ると美白成分には、トラネキサム酸が使用されているということが明記されています。そして、すでにご紹介したイビザクリームの場合においても、美白成分にはトラネキサム酸が使用されていることが明記されています。またホワイトヴェールという美白クリームにおいても、デリケートゾンの黒ずみに特化した商品であることが公式ホームページには明記されています。さらにホワイトヴェールにおいても、パラベン・アルコール・合成香料・合成着色料などの化学合成成分も含まれていないことが記述されています。従って、デリケートゾーンの黒ずみを解消したいという方は、こうした点を参考にするとよろしいかと思います。

ランキングサイトで人気の高いデリケートゾーンの黒ずみ解消商品

ランキングサイトで人気の高いデリケートゾーンの黒ずみ解消商品

9

デリケートゾーンが黒ずむ原因について

デリケートゾーンが黒ずむ原因については、まずはデリケートゾーンの部分の皮膚が刺激を受けると黒ずみやすくなるといわれています。例えば近頃では、ビキニタイプの下着やティーバックタイプの下着が若い女性の間では流行っています。ところがそんな流行の下着を着ようとすると、どうしても気になるのがアンダーヘアーです。やはりどんなオシャレな下着を着ても、アンダーヘアーがはみ出ているとみっともないものです。そのため、安全カミソリなどでアンダーヘアーの処理をするという人も多くなります。そうなると、デリケートゾーンの皮膚が安全カミソリによる刺激でどうしても黒ずんでしまうのです。この黒ずみという症状は、メラニン色素が通常よりも過剰に生成されているからなのです。それからもう一つ気になることは、小さ目の下着を着ようとすると皮膚が圧迫された状態になります。それもお風呂に入っている時以外はズーッと圧迫された状態のままです。その他にも、ホルモンバランスが乱れるという症状もデリケートゾーンが黒ずむ原因であるといわれています。とくに女性の場合には、生理の前などにはホルモンバランスが乱れやすくなるといわれています。さらに生活習慣の乱れもホルモンバランスの乱れの大きな要因になるといいます。

デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法

デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法としては、今申し上げたような下着による締め付けや安全カミソリによるアンダーヘアーの処理などを改善するのが一番です。下着でいえばもっとゆったりした下着に変えるとか、安全カミソリによるアンダーヘアーの処理をやめて脱毛ローションを使うなどの解消方法が挙げられます。また近頃では、エステサロンなども街の彼方此方で見かけるようになりました。そうしたエステサロンでプロの方にアンダーヘアーの処理をしてもらうというのもお勧めです。さらにデリケートゾーンの黒ずみを解消するためには、生活習慣を改善するというのも大変効果があります。とくにホルモンバランスが乱れると、デリケートゾーンが黒ずんでしまう大きな要因となってしまいます。そのため睡眠不足や栄養が偏った食事、あるいはストレスを溜めないように生活習慣を改善するというのもホルモンバランスが乱れないようにするためには大切なことです。

デリケートゾーン専用のケア商品の人気ランキング

デリケートゾーンの黒ずみを解消するケア商品といえば、ドラッグストアーなどよりもネット通販のほうがいろんな商品を見つけることができます。おまけにネットには人気の高いランキングサイトなどもあります。そうしたランキングサイトでは、すでに購入したお客さんからも評判のよい商品が上位に掲載されるようになっています。例えば、そうしたランキングサイトで常に上位にあるケア用品では、イビザクリームという商品が挙げられます。そこでこの商品の公式ホームページにアクセスして、どんな商品なのかを調べてみました。するとトップページを開けた途端、見ていて恥ずかしくなるような大きな文字でデリケートゾーンの黒ずみでお悩みの方に!といった宣伝文句が掲載されているのです。まあ!それだけイビザクリームが、デリケートゾーンの黒ずみには大変効果があるということを言いたいのでしょうね。ちなみにこの商品には、トラネキサム酸という美白効果の高い成分やグリチルリチン酸2K という保湿効果の高い成分が配合されています。とくにトラネキサム酸という成分は、肌の新陳代謝を促進させる効果もあるのでターンオーバーが正常化しやすくなるし、それに伴って色素沈着も徐々に改善することができます。また、ヴィエルホワイトという化粧水も人気の高い商品の一つです。この商品の場合も、トラネキサム酸という美白効果の高い成分やトリプルヒアルロン酸という保湿効果の高い成分が配合されています。おまけに美白クリームと違って、美白化粧水という点もこの商品の大きな特徴として挙げられます。要するにお肌への浸透力という点に関しては、クリームよりも液体の化粧水はより早くお肌の奥まで浸透するというのです。確かに、クリームよりも液体のほうが浸透力という点に関しては軍配が上がるといえるでしょうね。

デリケートゾーンの黒ずみには石鹸よりも美白クリームがお勧め

デリケートゾーンの黒ずみには石鹸よりも美白クリームがお勧め

6

石鹸かクリームかどちらがよりベスト?

石鹸かクリームかどちらを選べばよいのか迷うところですが、どうせ使うのであればより効果がはっきり表れる商品を選びたいですね。そこでまずは石鹸ですが、毎日お風呂に入った時に石鹸で身体をきれいに洗うということは大切なことです。とくに、私たちの周りには細菌がウヨウヨしています。そうした細菌に身体を侵食されることなく、きれいな状態に保っておくということは重要です。その代り、例え石鹸に美白効果の高い成分が入っていたとしても、身体を洗う際にそれらの有効成分も洗い流されてしまう可能性があります。ちなみにデリケートゾーンが黒ずむ原因ですが、何だと思われますか?それは、大まかには古い角質層や毛穴に詰まった老廃物と色素沈着の2種類に分類されます。そのため、古い角質層や毛穴に詰まった老廃物に関しては、石鹸でも十分に落とすことが可能となります。あるいは、デリケートゾーンは汗やおりものなどで常に清潔にしていないと、臭いもハンパではありません。そんな嫌な臭いについても、石鹸で洗い流すことが可能です。一方クリームですが、美白効果の高い成分の入っているクリームだと、黒ずみの原因となるメラニン色素の生成を抑える効果があります。おまけに石鹸のように、すぐに洗い流されてしまうという心配も要りません。そして近頃では美白クリームというよりも、デリケートゾーンや乳首など皮膚の黒ずみを解消してくれるような専用のクリームも数多く販売されています。

デリケートゾーンの黒ずみを解消してくれる美白クリームとは?

それでは、デリケートゾーンの黒ずみを解消してくれる美白クリームとはどのような商品がベストなのでしょうか?それには、まず美白効果の高い成分が配合されているというのが大前提として挙げられます。例えば、トラネキサム酸・プラセンタ・ビタミンC誘導体・ハイドロキノン・アルブチンなどが有名な美白成分として挙げられます。しかも、よく売れている人気の高い美白クリームには、それらの美白効果の高い成分以外にもいろんな成分が配合されています。とくに、デリケートゾーンの黒ずみを解消する上で見逃すことができない成分といえば、保湿効果の高い成分が挙げられます。どうして保湿効果の高い成分が含まれていると、デリケートゾーンの黒ずみには都合がよいのかというと、デリケートゾーンといえば身体の中で最も皮膚の層が薄いということが理由として挙げられます。皮膚の層が薄いと、他の部分よりも水分を保湿しきれないというデメリットがあるのです。それは、タオルを例に挙げても明らかです。薄っぺらい布きれよりもタオルのような分厚い布のほうが水分をよく吸い取ってくれます。おまけに、水分を保てないということは乾燥するのも速いので、摩擦や圧迫などいろんな刺激を受けた際にも細胞が傷つきやすくなるのです。とりわけ刺激や摩擦などは、皮膚が黒ずむ大きな原因ともなってしまいます。そうしたことから保湿効果の高い成分というのも、デリケートゾーンのケアには大切なのです。

デリケートゾーンの黒ずみに効果の高い美白クリームとは?

それでは、デリケートゾーンの黒ずみに効果の高い商品をご紹介してみたいと思います。まずはクリームからですが、ホスピピュア・イビザクリーム・ハーバルラビット・ホワイトラグジュアリーなどは人気の高い商品としてネット通販ではよく売れています。とくにホスピピュア・イビザクリーム・ハーバルラビットなどは、公式ホームページを開いてみると、開口一番デリケートゾーンの黒ずみに特化したクリームであることがはっきりと明記されています。そしてホワイトラグジュアリーの公式ホームページでは、、乳首の黒ずみが解消されることが分かります。まあ!開口一番デリケートゾーンの黒ずみ対策とは書かれてはいませんが、乳首の黒ずみが解消されるのであれば、デリケートゾーンの黒ずみも解消されるに違いありません。一方美白クリームではないのですが、ヴィエルホワイトという美白化粧水も大変人気があります。この商品も公式ホームページを見ると、デリケートゾーンの黒ずみケアには大変効果が高いということが分かります。

デリケートゾーンの黒ずみ対策で口コミ人気の高い美白クリーム

デリケートゾーンの黒ずみ対策で口コミ人気の高い美白クリーム

7

ネット通販で販売されている美白クリーム

デリケートゾーンの黒ずみを解消してくれる美白クリームとはいっても、ドラッグストアーなどではほとんど見かけることがありません。もし見かけたとしても、レジーまで持っていくのが大変です。それこそ、スキンを購入するのと同じくらいに抵抗があるに違いありません。ところがインターネットで調べてみると、随分といろんな商品があることに気が付きます。おまけに、口コミ評価の高い商品から順番に、ランキング形式で掲載されているようなサイトさえあります。この違いはいったい何なのでしょうかね。やはり、ドラッグストアーの売り場においても抵抗があるので、買うお客さんが限られてしまうからなのかもしれません。そんな中々買ってくれないような商品よりも、どんどん売れていく効率のよい商品を置いたほうがお店の売り上げが伸びるのは誰が見ても明らかです。それはともかくとして、例えランキング形式で掲載されているとはいっても、見るサイトによっては商品のランキングが多少違ってきます。もちろん、そんなランキングというのは違うのも当然です。美白クリームを使う人によっても口コミ評価が随分と違う場合があるからです。絶対的なものというのはありません。それこそ、裏で袖の下でも渡しておかない限りは、口コミ評価もバラバラになってしまいます。そこで、ランキングサイトによっては口コミ評価や順番には多少の違いはありますが、どのサイトでもベスト10にはいつも入っているような美白クリームを数点ご紹介してみたいと思います。

ネットのランキングサイトで口コミ評価の高いイビザクリーム

まずはイビザクリームという商品です。このイビザクリームの公式ホームページを見ると、トップページには開口一番デリケートゾーンの黒ずみでお悩みの方に!といったキャッチコピーが掲載されています。そのキャッチコピーを見ただけでも、デリケートゾーンの黒ずみ対策に特化した商品であることを伺い知ることができます。そのためそれ以降の商品説明欄では、それを裏付けるようなことばかりが掲載されています。ちなみにこの商品の大きな特徴といえば、美白成分と保湿成分が入っているという点です。やはりデリケートゾーンが黒ずむということでお悩みの方は、ダイレクトに美白効果がないと意味がありません。そのため、トラネキサム酸とグリチルリチン酸2K という美白成分とその他にも4つの美白効果の高い成分が配合されています。それだけではありません。デリケートゾーンの黒ずみには、皮膚が乾燥してしまうというのも大きな要因として挙げられます。そこで、ヒアルロン酸ナトリウムなど全部で8種類もの保湿成分が配合されています。こうしたデリケートゾーンの黒ずみ対策に特化した数々の有効成分が配合されていると、やはりその効果も大きいに違いありません。事実、ネット上のランキングサイトでは常にベスト5に入っているような人気ぶりです。すでにこの商品を使っている方の口コミ評価においても、効果が徐々に表れてきたという方が多くいらっしゃいます。

イビザクリームと並んで口コミ評価の高いハーバルラビット

次にご紹介したいのは、ハーバルラビットという美白クリームです。この商品も公式ホームページには、デリケートゾーンの黒ずみ対策に特化した薬用クリームであると記載されています。さらには、海外セレブも愛用している美白クリームであることが書かれていたり、アンアンなどの人気雑誌でも取り上げれたということが書かれています。そのため美容やファッションに敏感な今どきの若い女性には、一目置かれる商品であることがすぐに分かります。それよりも肝心な有効成分についてですが、この商品もイビザクリームと同様にプラセンタエキスやグリチルリチン酸2Kなど、美白効果の高い有効成分が4種類配合されています。さらには、トリプルヒアルロン酸やセラミド・コラーゲンなどの保湿成分も4種類配合されています。口コミ評価についても、デリケートゾーンだけでなく乳首の黒ずみも徐々に解消されたといった声が多く掲載されています。いずれの商品も美白効果だけでなく保湿成分も配合することで、総合的に黒ずんだ皮膚を解消するような対策が施されていることが分かります。

デリケートゾーンの黒ずみに対する美白ケア

デリケートゾーンの黒ずみに対する美白ケア

5

デリケートゾーンの黒ずみが気になりだした要因

アンダーヘアーの脱毛処理というのは、海外とは違って日本では従来あまり行われてはいませんでした。ところが、水着や下着からはみ出すアンダーヘアーは見っともないとかダサい!ということで、若い女性の方々の間ではアンダーヘアーの処理が今や一般的となっています。もちろん、アンダーヘアーの処理とはいっても完全な脱毛処理をするというワケではありません。あくまでも、下着からはみ出さない程度に処理をするというものです。その代わりアンダーヘアーの処理をすると、逆に気になる問題も発生するようになります。それは、デリケートゾーンの黒ずみという問題です。要するに、今までアンダーヘアーで隠れていた部分がさらされるようになるので、もしその部分が黒ずんでいれば気になるのは当然のことといえます。それに、日本ではあまり行われていなかったようなアンダーヘアーの処理をあえて行うような女性というのは、他の女性よりも美容とかファッションなどに敏感な人です。従って、そんな人が自分のデリケートゾーンが黒ずんでいるということになれば、それこそ気になって仕様がないに違いありません。ところでこうしたデリケートゾーンが黒ずんで見えるという問題は、色白とか地黒という言葉があるように先天的な色素沈着という面も影響しているといえます。それに加えて、デリケートゾーンの皮膚は後天的にも黒ずみやすいともいわれています。

デリケートゾーンが黒ずむ要因

それでは、デリケートゾーンが黒ずむ後天的な要因についてですが、人間の皮膚自体が摩擦や刺激・圧迫などに元々弱いという問題がまずは挙げられます。とりわけそんな皮膚の中でもデリケートゾーンの場合、皮膚の層が他の部位よりも薄い構造になっているといいます。それは、足の裏と比べてみると明らかです。ちなみに足の裏は、皮膚の角質層が50層もあるといわれています。それに対して、身体は14層、デリケートゾーンに至ってはわずか6層程しかありません。そのため、例え下着による締め付けや摩擦などであっても相当な刺激になっているに違いありません。夏の季節であれば、下着で皮膚が蒸れてしまい皮膚がかぶれたりすることもあります。とくに赤ちゃんはその最たる例で、おしっこやウンチをしたままうっかり放っておくとすぐにオムツかぶれの症状が出てしまいます。ところでこうした摩擦や圧迫などの刺激を受けるとどうしてデリケートゾーンは黒ずみやすいのかという疑問が生じてくると思います。それは刺激に弱い皮膚は、メラニン色素を生成することで皮膚を守ろうとする働きがあるからなのです。例えば夏の季節に外出をして、強い日差しを浴び続けているとすぐ日焼けしてしまいます。これも皮膚を守ろうとするメラニン色素の働きによるものです。とくに人間の皮膚は、太陽光に含まれている紫外線に弱いという性質があります。そのため紫外線が皮膚の中に入って、皮膚細胞を破壊しないようにとメラニン色素が守ってくれているのです。その他にも、ホルモンバランスが乱れたりする際にもメラニン色素の生成が活発になります。さらに、赤ちゃんに母乳を与えるお母さんの乳首も黒ずみます。こうした乳首が黒ずむ症状についても、赤ちゃんが母乳を吸い取ろうとする刺激から乳首を守ろうとする防衛作用といわれています。

デリケートゾーンの黒ずみに効果のある美白商品

そうしたデリケートゾーンが黒ずむ問題に対しては、美白クリームや美白化粧水がとても効果的です。ただし、どこのメーカーの商品であってもよいというワケではありません。美白クリームや美白化粧水を選ぶ際には、医薬部外品とか薬用とパッケージに書かれている商品を選ぶのがポイントです。何故なら、医薬部外品とか薬用と書かれている商品は、単なる宣伝のために書かれているのではないからです。要するに、厚生労働省から認められた何らかの美白成分が配合されているから、医薬部外品とか薬用とパッケージに書かれているのです。

デリケートゾーンの黒ずみが自宅で解消できる美白クリーム

デリケートゾーンの黒ずみが自宅で解消できる美白クリーム

3

デリケートゾーンが黒ずむ原因

デリケートゾーンの黒ずみでお悩みの女性は結構いるといいます。ところがデリケートゾーンといえば、最も恥ずかしい部分でもあるので、中々人には相談しくいという面もあります。ちなみにどうしてデリケートゾーンが黒ずむのかという原因を知らないと、本当の意味での対策というのもできません。もちろんお肌が黒ずむ場所というのは、デリケートゾーンだけではありません。乳首や脇の下、さらには足や手の膝の部分なども黒ずみが気になる部分といえます。ところでその黒ずみの原因についてですが、実はメラニン色素が関係しているといわれています。このメラニン色素というのは、ズバリお肌のシミの原因になる成分のことです。しかもシミといえば、太陽の紫外線を浴びると発生しやすいということはご存知の方も多いと思います。そのため女性の方の多くは日差しが強いと日傘をさしますが、その日傘をさす理由についてもただ単に太陽光線がまぶしいというだけではありません。やはり、紫外線によるシミ対策もかねて日傘をしているということです。ただし紫外線を強く浴びるとシミができたり、お肌が黒ずむということは理解ができるのですが、ここで大きな疑問が起こってきます。それは、デリケートゾーンや乳首というのは紫外線を浴びることもありません。それなのにどうして黒ずんでしまうのかという疑問です。実は、それにも理由があるのです。その理由とは、皮膚に強い刺激や摩擦が加わっただけでもメラニン色素が発生してしまうというのです。要するに皮膚が黒ずむ原因には、太陽光線に含まれている紫外線を浴びるのと、もう一つ皮膚への強い刺激や摩擦を受けた場合においても黒ずんでしまうということがいえるのです。そこでもう少し具体的な例を挙げながら、皮膚への刺激や摩擦についてご紹介してみたいと思います。例えば、デリケートゾーンが黒ずむという大きな原因として挙げられるのは、下着による摩擦や締め付けが真っ先に挙げられます。さらには、無駄毛の処理でデリケートゾーンに強い刺激が加わることなどでも黒ずんでしまいます。これは、脇の下でも同様のことがいえます。とくに近頃では、脇の下の無駄毛というのは女性の方であれば、高校生くらいからすでに処理をしているという女性がほとんどです。そんな若い頃から、無駄毛の処理のために強い刺激が加われば、皮膚が黒ずんでしまうのも当然であるといえます。とりわけ安全カミソリで毎回無駄毛の処理をするのが面倒ということで、毛抜きやワックスで無理やり無駄毛を抜こうとすると相当強い刺激が加わっているに違いありません。そのため、そうした間違った無駄毛処理というのは即刻やめるべきであるといえます。下着による締め付けもそうです。とくにガードルやボディースーツなどの補正下着は、皮膚が圧迫されるので黒ずみの大きな原因になってしまいます。また、コットン素材の下着ではなくて今流行りの化学合成の下着も皮膚がかぶれやすいので、黒ずみの原因となる恐れがあります。もちろん、皮膚への刺激や摩擦といったものだけではありません。睡眠不足やストレス、食生活の乱れ、運動不足などが原因となって、ホルモンバランスが乱れてしまうと血行が悪くなったり、自律神経のバランスも乱れてしまいます。そうなると、ターンオーバーという皮膚の新陳代謝のサイクルも乱れてしまうので、いつまでも皮膚の黒ずみが解消されないということにも成りかねません。それから、お肌が乾燥しやすいという乾燥肌の方においても、皮膚細胞のバリア機能が低下してしまうのでダメージを受けやすい皮膚となってしまいます。おまけに皮膚がダメージを受けるということは、メラニン色素が発生しやすい要因ともなってしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみを解消する方法

それでは、デリケートゾーン並びに脇の下など皮膚が黒ずんでしまった場合、どのようにして黒ずみを解消すればよいのかということについてご紹介してみたいと思います。てっとり早い方法といえば、今流行りのエステサロンに通うことがベストといえます。何せ、皮膚のケアをするプロのエステシャンなので、黒ずんだ部分をできるだけ短い期間で修復をしてくれます。あるいは、自分で間違った脱毛処理をして黒ずんでしまうというのであれば、エステサロンで脱毛処理をしてもらうというのも良い案だといえます。

自宅で手軽に黒ずみが解消できる美白クリーム

ただし、エステサロンに通うほど経済的に余裕がないという方の場合、自宅で手軽にデリケートゾーンや脇の下などの黒ずみを解消することも可能です。例えば、皮膚の黒ずみを解消してくれる美白クリームというのが、いろんなメーカーから販売されています。そのかわり、デリケートゾーンや脇の下などの美白クリームの場合、ドラッグストアよりもネット通販のほうがお勧めです。とりわけ美白クリームといえば、いろんな美白成分が配合されているのですが、デリケートゾーンに関していえば身体の中でも皮膚の層が一番薄い部分でもあります。そのため、デリケートゾーン専用の美白クリームがネット通販ではいろいろ販売されているので、そうした専用の美白クリームを使ったほうが、皮膚がかぶれたとか痒くなったといった後々トラブルに悩まされる確率も少ないといえます。